<   2006年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

繋いだ手は離さないで

b0087926_23561069.jpg

某ブログのぽちこ様から頂きました。ありがとうございます。

ヤンモン100%の意味は個人個人で考えてください。きっとそれが答えです。




b0087926_2256923.jpg

という感じで、犬Gのアサシンエロスこと、アルダンがルナさんと電撃結婚いたしました。
もう、あい続く結婚式やら発光式やらでおじさんちょっとまいっちゃうなぁなどとブツブツと
オヤジ特有の独り言を言ってしまいそうです。でも、そこは我慢。

なんでも、二人が知り合った経緯を聞くと、以前いたGに一緒だったそうでコンロンでばったり会ったようである。
そして同じアサ同士、意気投合しアサ談義に花を咲かせていたようである。
お互いいつしか惹かれあい、この度めでたくゴールイン!というわけであろう。
そんな二人の出会いは容易に想像できるものだ・・・・

  (回想)
アルダ 「ヘ~イ、お嬢さん~めちゃめちゃ可愛いねぇ~君。何かモデルでもやってるのかい、ベイビー」
ルナさん 「・・・・あの、私急いでるんで・・・失礼します」
アルダ 「おお~っと、待ちなって。ちょっとくらい別にいいじゃ~ん、一緒に遊ぼうよぉ~」
ルナさん 「い、いや!!離して!!」
アルダ 「ヒュ~、気が強いねぇ。でも大丈夫、すぐに君も楽しませてあげるからさ、フフフ」
ルナさん 「いやああああああああぁぁぁぁぁ・・・・・」

何か花びら舞う描写


みたいなことに違いない。
そんな最初は加害者と被害者のような関係から、結婚までもっていくあたり、さすがアルダンである。
これが噂の アルダマジック といったところか。そんなアルダンに乾杯。


しかし、結婚するということは壁に何度もブチ当たるということだ。
壁に当たっては悩み、苦しむであろう。しかし、そんなときこそ二人で力を合わせて乗り越えて欲しいものだ。
b0087926_23163560.jpg

そして、ここに来賓していた犬Gの中で唯一の独り身であるヤンモン。
その危惧に焦ったか途端に必死に自分をアピールである。
b0087926_23183213.jpg

ズバリ萌え路線である。
そんな彼を、味ぽんに30分浸した後、クロコダイルが巣くう海流にぶち込みたいものである。


そんなこんなで会話も弾んでいく結婚式。
b0087926_23211620.jpg

クイズチャンピオン達が集まったらクイズの話題。料理人があつまったら料理の話題。
そして、アルダンの関係者が集まるところに、下ネタ有り・・・・といったところか。


なにはともあれ、アルダン、ルナさん。結婚おめでとう。末永く押し合わせに。
b0087926_2324479.jpg


第4話:ヤン子の初めての仲間
[PR]
by naotarou24 | 2006-06-29 00:34 | ヤン子の大冒険2

この胸いっぱいの危険をアナタ達へ

という訳で前回の続き。

犬Gの代表と言ったら勿論アノ人。
犬Gのマスコットでもあり、疫病神でもあり、改造人間でもあり、サムシングエルスのメンバーでもある、アノ人だ。
さぁ、皆も一緒に呼んでみよう!せ~の・・・!!
b0087926_2129867.jpg

呼ばれて飛び出て、大変態の登場である。
この後も、犬Gの面々の期待を悪い意味で裏切っていく稚拙な挨拶をするヤンモン。
さすがである。
結局何ひとつ気の利いたことが言えなかったヤンモンは置いておいて続いて新婦側の代表の挨拶である。
b0087926_21325193.jpg

ヤンモンのド三流な挨拶とは違い、何と奥の深い物言いであろうか。
お幸せ押し合わせとおっしゃることから、
共に困難を押し合い、進んでいくという心高く、気高い意味が込められているのであろう。
そんな新婦側の代表に乾杯。ヤンモンにバックハンドブロオオオオオオ!!!

b0087926_21372476.jpg

そんな訳で、新婦もテンションが上がったところで箱大会である。
コレは、新郎新婦が来て頂いた皆様にお礼を、というもので、
ご来場の皆様に青箱を配り、開けて頂くという大人の裏側がかいま見れる企画なのだ。勿論嘘である。
b0087926_2141462.jpg

b0087926_2141323.jpg

b0087926_21422911.jpg

枝大会では、アサクロである新婦が生き残り、殴りプリであるヨモが転がっていたという事実は
オレンジやリンゴといった、ジューシーな果物達と一緒にハンドミキサーにかけて
喉に流し込みたいと思う。

そんなこんなで、無事披露宴は終了となった。
最後に、おめでとう。よも&エリさん。いつまでも押し合わせに。
b0087926_21493629.jpg


ちなみに明日、28日はアルダンの結婚式である。23時に大聖堂で行われます。ひとつよろしく。

第3話:ヤン子のセレナーデ
[PR]
by naotarou24 | 2006-06-27 21:50 | ヤン子の大冒険2

この胸いっぱいの情熱を貴方へ

b0087926_21495761.jpg

というわけで、よもぎ氏とエリ氏が結婚いたしました。まずはおめでとう。

いよいよ、よもも結婚かぁ・・・・などと考えると感慨深くもなるものである。
思えば、よもがおしめをしているときから、ご飯、お風呂、排泄などお世話をしていったものである。
暫くすると、ハイハイして歩くようになった。親より祖母のほうが喜んでたっけな。
そのハイハイの足で、「ちょっとコンビニ寄って来る」 と喋ったときには驚いた。
まさか最初に喋った言葉が 「ちょっとコンビニ寄ってくる」 だとは思わなかったからだ。
その次に覚えた言葉は 「ドン・ドン・ドン・ドンキー・ホーテ」 である。
激安の殿堂に連れていきすぎてしまったか、一時期はそれしか喋らなかったこともあり心配したものだ。
今は良き思い出である。
その後は、幼稚園に通いだしてからは人一倍まじめで頑張り屋さんだったよもぎはスクスクと育った。
問題があったとすれば、同じ組の女の子の母親からの苦情が多かったことくらいだろう。
良き思い出である。

あんな小さかったよもぎがもう一人の男として人生の相方を見つけて進んでいこうというのだ。
喜ばしい反面、ドコカ寂しい気もするが、私たちの役目はよもを胸を張って見守ることだろう。

飛べ、よもぎ!!羽ばたけ、よもぎ!!未来はキミの為にある!!!


                         全部嘘!!!



なんちゃって。
そんな下らないことばかり書いてると、見えない圧力が降り注いでくるのでチャキチャキ更新していこうと思う。
場所を大聖堂から、コモドに移動させた新郎新婦一同。
b0087926_22104272.jpg

と、なんと別鯖からヤンモンを見に来たという方が来ていたのには驚いた。
もう何か一種の、動物園のごりら的な存在である。見せものである。
まあ、お金をとってまでお見せできるものも、病気がウツル危険を考えての触れあいコーナーも皆無である。
それでも、翌日の会話のネタに、もしくは生体調査にでも来て頂いたのであろう。ありがたいことである。
とくと、ヤンモンの存在の脅威を肌で感じていただきたいものである。
b0087926_2217630.jpg

というわけで、いよいよ披露宴の開幕である。
野球で言うところの、プレーボール!サッカーで言うところの、キックオフ!
この場合は、よもぎギャンザック!!である。

b0087926_22193096.jpg

そんな訳でギャンザック・よもぎ・後藤の挨拶である。
b0087926_22202121.jpg

b0087926_22204070.jpg

今後、よもの体に青アザ、ミミズ腫れなどないか心配である。
まあ、でも幸せならそれはそれでいいじゃないか。幸せの形はそれぞれである。

続いて、新郎新婦の知人友人代表の挨拶。そう、もちろんあの男が・・・・


次回へ続く

第2話:ヤン子のチャレンジ
[PR]
by naotarou24 | 2006-06-26 22:23 | ヤン子の大冒険2

この胸いっぱいの愛を貴女へ

b0087926_021654.jpg

そんな訳でいよいよナイトが99%になったのである。
経験地1,5倍デーということもあり、頑張ってきた甲斐があるというもの。
あとは、よもが追いついてくるのを待ち、同時発光式である来週の木曜を待つばかりである・・・・

何て生殺しな。



さて、遂によもの結婚式が今日、23日(金)に行われる。
そして、式をしたあとは、コモドに移り披露宴をするそうである。
なんと、その披露宴の司会をこの俺に任せるというのである。まあ、待ちなさい若人。である。
そんな大役を頂いてしまい、恐れ多い気がしないでもないが、まあやるからには頑張ろうと思う。


22時20分より大聖堂前に集まっていただき、会場であるコモドへ向かいます。

b0087926_0325411.jpg

b0087926_0331078.jpg

で、会場はこの場所で行います。

内容としては
  
  新郎新婦入場

  新郎の挨拶

  知人友人の挨拶

  サプライズゲスト様によるコンサート

  新郎新婦による集まっていただいた皆様への寄贈品配布

  枝

  解散の言葉


で、進行していく予定です。
幸せな二人を見て嫉妬したい方、悔しい思いをしたい方、ブルーになりたい方など、
皆様のお越しをお待ちしております。

第1話:ヤン子の仲間集め
[PR]
by naotarou24 | 2006-06-23 00:42 | ヤン子の大冒険2

成功は失敗のモト

いよいよ<ヤン子の大冒険>も最終回となりました。
このようなネタ日記を見てくださった方、応援してくださった方、ありがとうございました。

というわけで、衝撃のラストを御覧ください。

最終話:ヤン子と、ヤンモン
[PR]
by naotarou24 | 2006-06-19 23:27 | ヤン子の大冒険

飛躍向上

経験地1,5倍期間で上がるのはLVでわない。

モチベーションである。


という訳で犬GのドウデモイイG狩りの更新は置いておいて、今月、6月の犬Gのイベントを一挙公開するのである。
お暇な方はぜひぜひお越しにくださいませ。おいしい和菓子とお茶を用意して待っています。(嘘。



6月23日(金) 
  殴り蹴り絞め技可能な殴りプリーストの、よもぎがアサクロ様と結婚。
  22時過ぎより、コモドで披露宴。




6月28日(水)
  某アサシンエロスこと、アルダンが結婚。22時50分に大聖堂前にて集合。



6月29日(木)
  5ヶ国語を喋りこなすナイト、我がメインキャラのナオトと
  特技はスイカを手と足と頭を使わずに割る殴りプリ、よもぎが同時発光式。
  22時場所未定。 


と、まあこんな感じである。イベント盛りだくさんである。
<ヤンモンに聞いてみよう>で、初めてブログらしいことを書けて満足である。

第八話:ヤン子と、運命
[PR]
by naotarou24 | 2006-06-16 23:35 | ヤン子の大冒険

そんな自分で在りたい (後編)

「経験地が1,5倍なのにブログなんか書いてられっかてやんでぇチクショー!」
と、ビール瓶片手に思っていた次第だが、早速狩りに飽きたので更新である。
ダイエットにも、適度な運動がいいように、狩りも適度くらいがちょうどよい。
何でもやりすぎは良くないということである。

例えば街で、マイケルジャクソンなんかとバッタリ会ったら、きっと興奮するだろう。
その興奮に身を任せ、サインや、「ダンス見せてください」とかお願いしたりするだろう。
そんなお願いする自分でありたいし、マイケル自身もお願いされたいと頭の中を英語で思っているだろう。
しかしどうだ。マイケルジャクソンを見かける度に、サインやダンスをお願いするのは、
さすがに自分自身が飽きてくるのでわなかろうか。
もう別にサインなんか欲しくもないのに、いつもお願いしてるのに今日だけ貰わないなんて変かな・・?
なんて無駄な気を遣ったりしてしまうかもしれないし、そんな気を遣う自分でもありたいし、マイケル自身も
(・・・コイツサテハキツカッテルナ?)なんて頭の中を英語で思っているだろう。

結論を言うならば、1,5倍でも浮かれちゃ駄目ということであろう。ありがとう、マイケルジャクソン。

さて、本編。
ハイオーク、アークアーチャーなどが沸く廃屋へと着いた犬G一行。しかし、そこで早速事件が。
b0087926_175534.jpg

ヤンモンの戯言である。
罠にかかって、動かなくなった手羽にこの仕打ち。
とても、壱ギルドを預かる身の人物のセリフでわない。
近所のやかましい小学生(高学年あたり)のセリフである。
そんな、デリカシーも、気遣いも無いヤンモンにフラストレーションを貯めながら歩を進める一行。

ヤンモン以外は特に問題なく、狩りをしていくメンバー。LV、人数を考えるとにはちょっと楽なくらいである。
b0087926_1124011.jpg

b0087926_112592.jpg

勿論、只一人を除いて。
さすが美女鯖で名を馳せるだけのことはある。この転がり方は芸術である。
ダヴィンチコードである。メッセージを探してしまうところである。まあ、それは置いとこう。

こんな快適で楽しい狩りから、まさかあんな恐ろしい惨劇が起ころうとは誰が考えたろうか。
説明するとこうだ。
刺激が足りないのか、ヤンモンが先行してハイオーク達を集めてくる。
それを、ウィズである手羽にまとめて擦り付けて遊んでいたのである。勿論故意に、だ。
LV90↑を超えている手羽は、それを上手く流していき一掃していく。
さすがウィズといったところか。ここまではよかった。

またいつものように、ヤンモンが先に行った。どうせ、敵を集めてくるのだ、と誰もが思った。
しかし、ここでかのん様が罠にかかり、動けなくなってしまったのである。

っと思った時には既に遅し。ヤンモンが引き連れてきたハイオークの群れに轢かれてしまったのだ・・・

このときの気分を何と言えばいいのだろうか・・・・しいて言うなら
レンタルビデオ屋のアダルトコーナーに、カップルで入ってくるヤツラを見る気分である。
アダルトコーナーに入って来られた場合の怒りは何処にぶつければいいのかわからないが、
この場合はヤンモンにぶつければいいのだ。
b0087926_1225063.jpg

b0087926_123777.jpg

こんな時だけ妙な連帯感を発揮するメンバー。
こういった所が、犬Gのメンバーの良いところでもあり、長所でもあるのだと思う。

まあ、ナニはともあれ楽しかったね、ということで。
b0087926_1253618.jpg


僕達は旅立つのである。
[PR]
by naotarou24 | 2006-06-14 01:26 | 犬のG狩り

そんな自分で在りたい (前編)

久し振りに美女鯖に住む、かのん様がsurtに来たのである。
段々と人数が集まってきたところでこりゃG狩りだなというわけで、G狩りに行く事になったのである。
早速、何処へ行こうかと相談してる最中。
b0087926_22204217.jpg

ソロでも行ってるヤツが、ギルドでも行きたいかなのである。
全くもって節度を考えて欲しいものである。LV90台が3人もいるのに、なにが悲しくてヤンモンの聖地
オークダンジョンに行かなければならないのか、
今一度自分の人生と一緒に考えていただきたいものである。

そして、大きな課題が残っているヤンモンの重大発言。

b0087926_22234770.jpg

かのん様が裁判の手続きをし始める予感である。
ぜひ、家の戸締りをしっかりとし、夜に一人で外出しないようにお勧めしたい気持ちで胸がいっぱいである。

そして、行き先を沸きのいい時計塔にある廃屋に決め、支度をする一行。
そこで、厳重警戒態勢を整えたいヤンモンの重大発言Part2.
b0087926_22284250.jpg

ウィズに壁を頼むクルセイダーを目撃したのである。

まぁ、もう慣れっこである。
もし、街中を歩いてて大山のぶよに遭ったら誰でも驚くだろう。
初めは握手やら、サインやら、(元)生のドラエモンを演じてもらったりと大興奮だろう。
また、大興奮する自分でもありたいと思うし、大山のぶよ本人も大興奮してもらいたいだろう。
しかし、二度三度と街中で出会おうモノなら、次第に興味は薄れ、只のおばさんに見えてくること
間違いないだろう。
もしかしたら軽蔑する自分がいるかもしれないし、またそんな軽蔑の眼差しを送れる自分でもありたいし、
大山のぶよ本人も軽蔑してもらいたいだろう。

そう、結論を急ぐとヤンモンの接し方について一番良い対処の仕方は
ヤンモンに慣れる、ということであろう。

ヤンモンポイントを狙っているお方、茨の道に幸多からことを・・・

さて、早速時計に向かう犬G一行。
b0087926_2240869.jpg

途中、LV98の殴りプリの圧倒的なまでの強さを見せ付けられつつ廃屋に到着である。


そして、到着早々ある事件がッッ!!!

次回へ続く

ヤン子番外編
[PR]
by naotarou24 | 2006-06-08 22:49 | 犬のG狩り

胸中に渦巻く闇

昔のSSを整理しよう第三弾である。

ある日、何故か呼び出され行ってみると。
b0087926_0343121.jpg


ペット・ナオ助の誕生である。
才能を妬んでトゥーシューズに画鋲を入れるガラスの仮面のライバルよろしく世間の風は冷たいのである。
b0087926_038726.jpg


第七話:ヤン子と、プヨプヨども
[PR]
by naotarou24 | 2006-06-07 01:14 | ヤン子の大冒険

アルジャーノンに花びらを

b0087926_312825.jpg




*<ヤンモンにきいてみよう>を見るときは部屋の雰囲気を異様に明るくし、
 PCから10~20M離れ、警戒を怠らないよう御覧下さい。





SS整理していたら、またまたネタを見つけました。紹介します。


時は西暦2165年・・・・ヤンモンの絶対支配がまだ続いていた頃
人々は恐怖に脅え、夜も眠れぬ日が続いていた。そこへ、6人の勇者が起ちあがった!!



b0087926_3183442.jpg

b0087926_3195455.jpg


世界は救われたのだ!!

b0087926_3201269.jpg


第六話:ヤン子と、猫
[PR]
by naotarou24 | 2006-06-06 03:56 | ヤン子の大冒険