カテゴリ:ヤン子の大冒険2( 7 )

巻き起こせ、嵐

ナオ:どうも~こんにちわ~ナオで~す。 

ヤン子:ヤン子で~す。ふたり揃って、激突100億パワーの戦士達で~す。

ナオ:それ、劇場版ドラゴンボール第5弾のタイトルや!!フリーザの兄、クーラとの対決や。

ヤン子:よぉ知っとるなぁ~

ナオ:まぁな、ドラゴンボールの大ファンやからなぁ。

ヤン子:ほぉ~

ナオ:最近、DVDも買ってん。

ヤン子:あ~、何か今TVのが出とるみたいやなぁ。

ナオ:四巻。

ヤン子:何やエライ中途半端やなぁ。

ナオ:どうしてもあの名セリフが聞きたかってん。

ヤン子:何や、名セリフって。

ナオ:「天さん・・・・サヨウナラ!!

ヤン子:それ、チャオズがナッパ抱きしめて自爆するところやん!!どこが名セリフやねん!!

ナオ:いやぁ、チャオズの滑稽さが爆笑モンやねん。

ヤン子:そんな馬鹿にした事ばっか言うとると怒られるで~。

ナオ:誰からやねん。

ヤン子:天さん。

ナオ:うわっ、それ恐いわ!!

ヤン子:メッチャ、気攻砲撃ってくんで。

ナオ:あぁ~っ!もうドラゴンボールの話はええっちゅうねん!

ヤン子:なんやキミが話を振るからぁ~

ナオ:お前や!!

ヤン子:まぁ、実はあんまドラゴンボール見てなかったしな、言うほど。

ナオ:そうなんか。

ヤンコ:うち、女の子やしな。

ナオ:んじゃ、何見てたんや。

ヤン子:もちろん少女漫画や。りぼんとかな。

ナオ:ほぉー。

ヤン子:ママレードボーイとか、むっちゃ見てた言うねん。

ナオ:あぁ~、何か前に日曜の朝とかアニメでやってたな。あれ、最終回どうなるんやったっけ?

ヤン子:アレや、痴情のもつれからヒロインが恋人と殺し合うんや。

ナオ:恐ッ!!えらいギトギトやないか!!
   そんなん休日の朝から子供も泣いてまうわ!!

ヤン子:男女の恋愛なんて全体的にギトギトしとるもんなんや。

ナオ:知らんわ!!ママレードボーイの最終回って言ったらもっと感動の結末やったろ!

ヤン子:どんな話やねん。

ナオ:アレや、クマンバチに囚われたお母さんバチと涙の再会や。

ヤン子:ハッチや、それミツバチハッチや!!

ナオ:まぁ、ええやん。似たようなもんやん。

ヤン子:全然違うわ、ボケ。
     あ~、ほんまキミみたいなアホと話してたら頭イタァなってきたわ。

ナオ:ほんまか。あれや、ファブリーズ飲め、ファブリーズ。
    あれの半分は優しさでできてるねん。

ヤン子:それ、バファリンや!!ファブリーズは消臭剤じゃ、ボケェ!!

ナオ:ファブリーズの半分は、己の身の回りの生活臭を消そうというイヤラシサからできてるねんで。

ヤン子。あぁ~、そんなん言うてたら知らんで。

ナオ:何がやねん。

ヤン子:実在の商品名を、こんなブログで非難しとうたら怒られるで~。

ナオ:誰にやねん。

ヤン子:天さん。

ナオ:またかい!何で天津飯出てくんねん。

ヤン子:メッチャ、気攻砲撃ってくるで~。

ナオ:それはもうええっちゅうねん!もうキミとはやっとれんわ!!

二人:ありがとうございました~。

第7話:ヤン子の攻防
[PR]
by naotarou24 | 2006-07-11 22:49 | ヤン子の大冒険2

賽は投げ損ねられた

b0087926_21591054.jpg

という訳で、またまた行ってまいりました。タナトスです。
前回行ったのに、また行ったのかよ~しつこい奴だな~と思うかもしれないが、
前回は3階より上には行ってないのである。どうやら、タナトスタワーは5人以上PTを組まなければ
3階以上進めないというのだ。前回のPTは4人。勿論、3階に行けるまでもなく半ば強制送還である。
なら、もう一つ新しくできたダンジョンに行けばいいでないか、という方もいらっしゃるかもしれないが、
こちらとしては、まだタナトスタワーを制覇してないのである。なんでも、10階以上あるといわれる
広範囲・高難易度のダンジョン、ぜひともクリアしてみたいでわないか。
こちらとら、牛丼で言うところの、まだ紅しょうがあたりにしか手をつけていないのだ。
牛肉に手をつけたいと思うのも、人の性、あるいは人の内に眠る本能、もしくは自然現象である。
そんな訳で今回は多人数でチャレンジである。
そうさ、僕達チャレンジメイトである。通称チャレメである。人間死ぬまでチャレメなのである。

b0087926_228426.jpg

という訳で前回、足を踏み入れられなかった3階にも行けたのである。
メンバーの中でも、3階以上に来れた人材はアルダンの嫁、ルナさんのみであった。
他はタナトス初体験のタナトスバージンか、タナトス2階ライセンス持ちのタナトスビギナーである。
とすると、ここはルナさんに道案内、ガイド役をやってもらうことに。
そういうのを、自分で 「私が案内しますね」 と誰に言われるまでもなくやれるあたり
かなりの思慮深い人物であることがわかる。
b0087926_22193333.jpg

隣りで、だらしなく口を開けてヨダレを垂らしている犬Gのマスターと、
だらしなく口を開けながら周りをキョロキョロしている旦那にも見習ってほしいものである。切に。
そして、どうせならルナさんだけと言わず、
様々な女性キャラにバスガイドのコスチュームに身を包んでもらい案内してほしいものである。切に。
「お客様、右手に見えますがアインブロクでございます。」
「お客様、左手にオウルがいます。お気をつけくださいませ。」

みたいな専用のナビゲーターがいたら、どんなに冒険が楽しくなるか想像するだけで、
モニターの前で 「ヒャッホー!!」 と言ってしまうことか。
勿論ミニスカートは外せないのである。外してわいけないのである。外す訳にはいかないのである。

さて、そんなセクハラまがいのことを考えていると
b0087926_2222288.jpg

ヤンモンがP様を泣かせているでわありませんか。
いよいよ起訴の日も近いのでわないか、と真剣に考える次第である。
そんな日が待ち遠しい初夏である。

そんなこんなで6階だか、7階に着き次に進もうとすると美人ミニスカバスガイドから、こんなガイドが。

「次の階からは、上位2次職しか進めません。」

僕の脳天に青いイナズマが走った。攻められ、心と体が焼きつくされたようである。
またも、タナトスタワーを制覇できないのか・・・・悔し涙すら流れそうな気分である。
いつか、そういつかまた。ここに訪れ、今度こそタナトスを攻略したい。そして、塔の頂上で

「以上がタナトスタワーでした。」
「いやぁ、ナビゲターご苦労だったね。」
「いえいえ、これも仕事ですから。」
「・・・いや、そういえばまだ攻略してないところがあったな。」
「え?ここが最上階でコレ以上なにもありませんが。。。。」
「次は君を攻略しちゃうぞ☆ミ」


そんな感じでお願いします。駄目ですか。駄目ですね。この駄目男!!

第6話:ヤン子の転職
[PR]
by naotarou24 | 2006-07-09 22:40 | ヤン子の大冒険2

新天地に踏み出す、その足取りは軽く

祝・タナトス実装である。

新職業も増えた、新ダンジョンも増えた、新スキルも増えた。
なるほど、これは目白押しである。

それにしても、今まで経験地1,5倍期間やら結婚式やら発光式やらで忙しかったせいか
「急にキタな・・・」 的な感じがしてしまうのは、仕方ないことなのだろうか。
やはり、サイトはこまめにチェックしておくものである。備えあれば憂い無しなのである。

b0087926_17342138.jpg

そして、同等の馬鹿を発見。
じゃあ早速、行ってみようか。というわけで、たまたまいたであろう、アルダンのBSとハイプリ様を連れてタナトスタワーへ。

b0087926_17355668.jpg

b0087926_17363196.jpg

タナトスに入った瞬間、視界が変わるのだ。これは、びっくり。
ヤンモンの例えを借りるなら、ドラクエが7→8になったようである。まあ、わかりにくい人ごめんなさいである。
わからない人にこの興奮を伝えて例えるなら、
朝の9時ごろ、マグドナルドで月見バーガーを頼もうとしたら、
「今は朝マックの時間ですので」 と店員にたしなめられるくらいの衝撃である。

友達とふざけ半分で、「スマイル一つ」 などと注文しようならバイトの奴が奥から社員を呼び出し
「スマイルが無料というのは、常に笑顔で迎えているからです。それを注文しようとするな、屑が」
と毒づかれるくらいの衝撃である。


と、そのくらいタナトスは新鮮である。フレッシュバーガーである。
その分、迷いやすいので皆さんも注意していただきたい。

b0087926_1745175.jpg


人生に 迷う変態 ただ一人          ナオ助、心の俳句

第5話:ヤン子へ神様の贈り物
[PR]
by naotarou24 | 2006-07-05 17:47 | ヤン子の大冒険2

繋いだ手は離さないで

b0087926_23561069.jpg

某ブログのぽちこ様から頂きました。ありがとうございます。

ヤンモン100%の意味は個人個人で考えてください。きっとそれが答えです。




b0087926_2256923.jpg

という感じで、犬Gのアサシンエロスこと、アルダンがルナさんと電撃結婚いたしました。
もう、あい続く結婚式やら発光式やらでおじさんちょっとまいっちゃうなぁなどとブツブツと
オヤジ特有の独り言を言ってしまいそうです。でも、そこは我慢。

なんでも、二人が知り合った経緯を聞くと、以前いたGに一緒だったそうでコンロンでばったり会ったようである。
そして同じアサ同士、意気投合しアサ談義に花を咲かせていたようである。
お互いいつしか惹かれあい、この度めでたくゴールイン!というわけであろう。
そんな二人の出会いは容易に想像できるものだ・・・・

  (回想)
アルダ 「ヘ~イ、お嬢さん~めちゃめちゃ可愛いねぇ~君。何かモデルでもやってるのかい、ベイビー」
ルナさん 「・・・・あの、私急いでるんで・・・失礼します」
アルダ 「おお~っと、待ちなって。ちょっとくらい別にいいじゃ~ん、一緒に遊ぼうよぉ~」
ルナさん 「い、いや!!離して!!」
アルダ 「ヒュ~、気が強いねぇ。でも大丈夫、すぐに君も楽しませてあげるからさ、フフフ」
ルナさん 「いやああああああああぁぁぁぁぁ・・・・・」

何か花びら舞う描写


みたいなことに違いない。
そんな最初は加害者と被害者のような関係から、結婚までもっていくあたり、さすがアルダンである。
これが噂の アルダマジック といったところか。そんなアルダンに乾杯。


しかし、結婚するということは壁に何度もブチ当たるということだ。
壁に当たっては悩み、苦しむであろう。しかし、そんなときこそ二人で力を合わせて乗り越えて欲しいものだ。
b0087926_23163560.jpg

そして、ここに来賓していた犬Gの中で唯一の独り身であるヤンモン。
その危惧に焦ったか途端に必死に自分をアピールである。
b0087926_23183213.jpg

ズバリ萌え路線である。
そんな彼を、味ぽんに30分浸した後、クロコダイルが巣くう海流にぶち込みたいものである。


そんなこんなで会話も弾んでいく結婚式。
b0087926_23211620.jpg

クイズチャンピオン達が集まったらクイズの話題。料理人があつまったら料理の話題。
そして、アルダンの関係者が集まるところに、下ネタ有り・・・・といったところか。


なにはともあれ、アルダン、ルナさん。結婚おめでとう。末永く押し合わせに。
b0087926_2324479.jpg


第4話:ヤン子の初めての仲間
[PR]
by naotarou24 | 2006-06-29 00:34 | ヤン子の大冒険2

この胸いっぱいの危険をアナタ達へ

という訳で前回の続き。

犬Gの代表と言ったら勿論アノ人。
犬Gのマスコットでもあり、疫病神でもあり、改造人間でもあり、サムシングエルスのメンバーでもある、アノ人だ。
さぁ、皆も一緒に呼んでみよう!せ~の・・・!!
b0087926_2129867.jpg

呼ばれて飛び出て、大変態の登場である。
この後も、犬Gの面々の期待を悪い意味で裏切っていく稚拙な挨拶をするヤンモン。
さすがである。
結局何ひとつ気の利いたことが言えなかったヤンモンは置いておいて続いて新婦側の代表の挨拶である。
b0087926_21325193.jpg

ヤンモンのド三流な挨拶とは違い、何と奥の深い物言いであろうか。
お幸せ押し合わせとおっしゃることから、
共に困難を押し合い、進んでいくという心高く、気高い意味が込められているのであろう。
そんな新婦側の代表に乾杯。ヤンモンにバックハンドブロオオオオオオ!!!

b0087926_21372476.jpg

そんな訳で、新婦もテンションが上がったところで箱大会である。
コレは、新郎新婦が来て頂いた皆様にお礼を、というもので、
ご来場の皆様に青箱を配り、開けて頂くという大人の裏側がかいま見れる企画なのだ。勿論嘘である。
b0087926_2141462.jpg

b0087926_2141323.jpg

b0087926_21422911.jpg

枝大会では、アサクロである新婦が生き残り、殴りプリであるヨモが転がっていたという事実は
オレンジやリンゴといった、ジューシーな果物達と一緒にハンドミキサーにかけて
喉に流し込みたいと思う。

そんなこんなで、無事披露宴は終了となった。
最後に、おめでとう。よも&エリさん。いつまでも押し合わせに。
b0087926_21493629.jpg


ちなみに明日、28日はアルダンの結婚式である。23時に大聖堂で行われます。ひとつよろしく。

第3話:ヤン子のセレナーデ
[PR]
by naotarou24 | 2006-06-27 21:50 | ヤン子の大冒険2

この胸いっぱいの情熱を貴方へ

b0087926_21495761.jpg

というわけで、よもぎ氏とエリ氏が結婚いたしました。まずはおめでとう。

いよいよ、よもも結婚かぁ・・・・などと考えると感慨深くもなるものである。
思えば、よもがおしめをしているときから、ご飯、お風呂、排泄などお世話をしていったものである。
暫くすると、ハイハイして歩くようになった。親より祖母のほうが喜んでたっけな。
そのハイハイの足で、「ちょっとコンビニ寄って来る」 と喋ったときには驚いた。
まさか最初に喋った言葉が 「ちょっとコンビニ寄ってくる」 だとは思わなかったからだ。
その次に覚えた言葉は 「ドン・ドン・ドン・ドンキー・ホーテ」 である。
激安の殿堂に連れていきすぎてしまったか、一時期はそれしか喋らなかったこともあり心配したものだ。
今は良き思い出である。
その後は、幼稚園に通いだしてからは人一倍まじめで頑張り屋さんだったよもぎはスクスクと育った。
問題があったとすれば、同じ組の女の子の母親からの苦情が多かったことくらいだろう。
良き思い出である。

あんな小さかったよもぎがもう一人の男として人生の相方を見つけて進んでいこうというのだ。
喜ばしい反面、ドコカ寂しい気もするが、私たちの役目はよもを胸を張って見守ることだろう。

飛べ、よもぎ!!羽ばたけ、よもぎ!!未来はキミの為にある!!!


                         全部嘘!!!



なんちゃって。
そんな下らないことばかり書いてると、見えない圧力が降り注いでくるのでチャキチャキ更新していこうと思う。
場所を大聖堂から、コモドに移動させた新郎新婦一同。
b0087926_22104272.jpg

と、なんと別鯖からヤンモンを見に来たという方が来ていたのには驚いた。
もう何か一種の、動物園のごりら的な存在である。見せものである。
まあ、お金をとってまでお見せできるものも、病気がウツル危険を考えての触れあいコーナーも皆無である。
それでも、翌日の会話のネタに、もしくは生体調査にでも来て頂いたのであろう。ありがたいことである。
とくと、ヤンモンの存在の脅威を肌で感じていただきたいものである。
b0087926_2217630.jpg

というわけで、いよいよ披露宴の開幕である。
野球で言うところの、プレーボール!サッカーで言うところの、キックオフ!
この場合は、よもぎギャンザック!!である。

b0087926_22193096.jpg

そんな訳でギャンザック・よもぎ・後藤の挨拶である。
b0087926_22202121.jpg

b0087926_22204070.jpg

今後、よもの体に青アザ、ミミズ腫れなどないか心配である。
まあ、でも幸せならそれはそれでいいじゃないか。幸せの形はそれぞれである。

続いて、新郎新婦の知人友人代表の挨拶。そう、もちろんあの男が・・・・


次回へ続く

第2話:ヤン子のチャレンジ
[PR]
by naotarou24 | 2006-06-26 22:23 | ヤン子の大冒険2

この胸いっぱいの愛を貴女へ

b0087926_021654.jpg

そんな訳でいよいよナイトが99%になったのである。
経験地1,5倍デーということもあり、頑張ってきた甲斐があるというもの。
あとは、よもが追いついてくるのを待ち、同時発光式である来週の木曜を待つばかりである・・・・

何て生殺しな。



さて、遂によもの結婚式が今日、23日(金)に行われる。
そして、式をしたあとは、コモドに移り披露宴をするそうである。
なんと、その披露宴の司会をこの俺に任せるというのである。まあ、待ちなさい若人。である。
そんな大役を頂いてしまい、恐れ多い気がしないでもないが、まあやるからには頑張ろうと思う。


22時20分より大聖堂前に集まっていただき、会場であるコモドへ向かいます。

b0087926_0325411.jpg

b0087926_0331078.jpg

で、会場はこの場所で行います。

内容としては
  
  新郎新婦入場

  新郎の挨拶

  知人友人の挨拶

  サプライズゲスト様によるコンサート

  新郎新婦による集まっていただいた皆様への寄贈品配布

  枝

  解散の言葉


で、進行していく予定です。
幸せな二人を見て嫉妬したい方、悔しい思いをしたい方、ブルーになりたい方など、
皆様のお越しをお待ちしております。

第1話:ヤン子の仲間集め
[PR]
by naotarou24 | 2006-06-23 00:42 | ヤン子の大冒険2