カテゴリ:ヤンモンの戯言( 1 )

硝子の少年

最近ソロばかりで、ブログに書くようなネタがございません。
さて、どうするかな。と、額に指を当て一考してみる僕でありますが、
いくら考えたところで、ネタが空から降ってくる訳でも、関ジュニ8に入れる訳でもございません。

かの有名なマリー・アントワネットもこう言っております。

「パンがなかったら、お菓子を食べればいいのよ」

これは、聞きようによっては自分勝手で考えなしの意見にも聞こえるが、僕とTOKIOはそうは思いません。
これは、どんな事態になっても、あきらめたらいけないという不屈の精神を謳ったものであろう。
そう思うのである。
つまり最後まであきらめちゃイケマセンヨという安西先生と同じ発想である。
湘北の監督も一任できてしまうのである。

そして、<お菓子>という一つ高いハードルを要求することで自分を更に成長させるべくした
大変ありがたいメッセージなのである。乾杯ラガーなのである。

つまるところ何を言いたいかと申しますと
「ネタがなければ、作ればいいのよ」ということである。
なるほど、ありがとうマリーアントワネット。ありがとうV6。輪になって踊りたい気分である。

というわけでこれからも頑張ります。

b0087926_2226513.jpg

[PR]
by naotarou24 | 2006-05-17 22:28 | ヤンモンの戯言